どんな毎日でも、何かが見つかるもの。
その日見つけたものを「ひとつの言葉」に置きかえて、メニュウは増えてまいります。
<< 「ワルキューレ。」 | main | 「五芒星。」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「めでたき祝日。」
Jour」=日 一日 黎明 夜明け 昼の光 男性名詞

昨日の帰り、梅田はもの凄い人出でした。
人出だけのみならず、ヨドバシカメラもデパートの地下も成城石井も、
買物客で溢れ、成城石井に至っては何故かレジの横のパンなど殆ど売り切れ状態。

考えてみれば、昨日は大抵の会社はお給料日。
しかも三連休前。
そして、私が帰ろうとしていた京都は、いまや紅葉の行楽シーズンで
夜間拝観など、10時まで延長しております。

遊びに行かない方が嘘。
買い物しないなんてツマラナイ。
何だか早すぎて空々しく聞こえる各所のクリスマスソングを聞きながら、
師走も間近な光景を肌で感じながら、その観光客で賑わう京都に帰ったのでした。

本来でしたら、今日は私も市内に出かける予定でしたが、
昨日の異様な状況におののいたと申しますか、
結局、朝からずうっと家にこもることに決定。
だって、この頃の京都、特に嵐山線、いやになるほどの人・ひと・ヒトなんですもん。

そうなると、開き直って一日ごろ太です。
そういえば、神戸で買って帰ったお八つもまだ残っているなと
のんびりまったりと構える反面、そもそも何で今日はお休みなのか、
半分寝ぼけているので、起き上がるたび、会社にいない自分に
「連絡入れたっけ?」と、少しどきりとしてしまいます。
で、ようやく、さっき、本日は「勤労感謝の日」であることを思い出し
「なんだ、堂々と寝てていい日だったわけ・・・」
・・・焦って疲れました。

まあ確かに、こんな一日も、年に何回かはあってもいいわけで
お祝いではないけれど、祝日に因んでのお八つ・・・。

明石の藤江屋 分大の「鯛最中・蛸壺最中・短冊最中」の揃い踏みです。



かたちも可愛いけれど、あんこもそれぞれ違って、
お土産にはぴったり。
ここは他にも丁稚羊羹や分大餅で有名ですが、あっさりしていて
結構いくらでも食べられます。

昔、ここのお菓子に凝りに凝ったことがあって、それこそ、
兵庫入りするたびに買って帰ったものですが、
今は、そごう神戸店の地下に本格的なショップができていて
いろいろなお菓子を購入できます。
先週神戸に遊びに行った折、買ったまま意外と日持ちがするので
大事に取っておきました。

次の祝日は、来月23日の天皇誕生日。
日曜日なので、翌月曜日が振替休日ですが、もう歳末です。
正直、お休みの感覚なんてアリマセン。

そうしてみると、私にとって今日は本当の意味での、今年最後の祝日。
勤労に感謝し、ゆったりとめでたい最中を食べるにふさわしい一日でした。


| ブレット | 今日のおやつ | 20:24 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:24 | - | - |









CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
本を読もう。
ブックサービス
跳ぶ。音楽
HMVジャパン
お気に入りの曲を。
 iTunes Store(Japan)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ